趣味(フラッシュライト)のブログ

誰得な個人的趣味(フラッシュライト)のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミニマグライト&ソリテール

ライトマニアではなくても結構知ってる人が多いマグライト。
この2本は電球の明かりを愉しむ為だけに購入したものです。
6Pの電球も良いのですが、リチウム電池は高価なので^^;

現在はマグライトシリーズもどんどんLEDに置き換えられていますが、
電球の風情を求めて、わざわざ電球式を購入される方も多いと聞きます。
自分は1500円程度で購入しましたが、昔はもっと高かったような…

ソリテールなんて鍵穴が微かに見える程度の明るさしかありません。
まぁ電球のマグに明るさを求めるのは無粋ってもんですね。

SANY0630.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/01/30(水) 20:02:45|
  2. MAGLITE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M11R

こんなペースで書いてたらもうすぐネタが…


タイトルにもある通りSUNWAYMAN社のM11Rです。
元々このメーカーのライトには全く興味が無かったのですが、
何故かこのM11Rだけには妙な魅力を感じ3本も購入してしまいました。
他社にはあまり無いブラストがかかったグレーの表面処理、シンプルかつ滑り難いデザインが個人的にストライク!
前寄りにあるリングを回すことで点灯・消灯し、3段階に調光することが出来ます。

SANY0626.jpg


E1Bと比べてもこの小ささ。これでも同じ1×CR123A仕様なんですよ。
クリックスイッチを廃したことでこれほどコンパクトになるんですね。
このコンパクトさも購入に至った要因です。

SANY0629.jpg


LED部分はXM-L、OPリフになります。
ちょっと話はズレますが、XM-LってCWでも結構な割合で
光色が黄ばんでいたり緑がかっていたりとかなり安定していない印象があります。
今回自分が購入した個体は当たりだったのか、かなり綺麗な白色で、
低出力でも不快な色分離が全く見られませんでした。

SANY0628.jpg
  1. 2013/01/28(月) 23:21:28|
  2. sunwayman
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E1B

文章のレイアウトを試行錯誤中。


今日はシュアファイアのE1B。自分の所有しているE1Bは旧型なので80lmの物になります。
強弱点灯の順番が異なるだけで基本的にE1Lと大差ありません。
本体がつるっとしており布地に引っかかる事が無く、使用頻度はE1Bの方が高いですね。
110lmのアップデート版も持っていますが、旧型が壊れてたら開封する予定。(そう簡単には壊れないでしょうが)
SANY0622.jpg


自分はベゼルダウンでポケットに差す方が好みなので、
この上下どちらからでも差せるS字クリップは非常に使い勝手が良く感じます。
SANY0623.jpg


E1BにもE1Lのようなストラップを取り付ける部分があればなぁ…
SANY0624.jpg
  1. 2013/01/27(日) 19:16:22|
  2. SUREFIRE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E1L OUTDOORSMAN

自分が初めて手に入れたE系のライト。
TIRという優秀な集光レンズのおかげで綺麗で強力なスポット光になります。
6Pとは違ったグレーっぽい硬そうな表面処理、細部まで作り込まれているデザイン、最高ですね。
どうやら最近のロットではヘッドがKX1からKX1Bに変更になったようで、45lmから80lmと明るくなった模様。
普段使いにはややスポット過ぎる気もしますが、それほど高光量でもないので特に問題は感じられません。

あぁ、小型でよく作り込まれたライトってどうしてこうも私の心を(ry

SANY0621.jpg
  1. 2013/01/26(土) 17:22:24|
  2. SUREFIRE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pro-T4

昨日に続きウルフアイズ社のライトです。今回はPro-T4(CW)。
XP-G2を4灯搭載し、コリメーターレンズで集光するタイプのライトになります。
Pro-Sniper-Ⅱと同じようにテールスイッチ部分にセレクターリングがあり、回すことで光量を調節できます。
配光はドでかく四角いスポットがあり、周辺光はほとんどありません。まぁコリなので当然かな。
個人的にスポットが大きいおかげで野外ではとても使いやすく感じます。
夜間の散歩やジョギングに行くときはほぼこいつを持っていってますね。

SANY0619.jpg




    相変わらず1×18650の割りにボディはでかいですね…
    ただ配光がとても好みなので、使用頻度は高め。
    Proキャップは同社のどのライトでも皆共通のようです。



SANY0620.jpg




    4連コリメーターレンズ。
    レンズ周りのスペース(銀色の部分)が無駄な気がするけど、
    モジュール部の廃熱の関係なのかな?
    内側4箇所に貼ってあるのは蓄光シール(ルミノーバ)で、
    ライト点灯時に光を蓄えて消灯後に光ります。



  1. 2013/01/23(水) 19:10:07|
  2. Wolf-Eyes
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pro-Sniper-Ⅱ

ウルフアイズ社のPro-SniperⅡです。
これは自分が初めて購入した18650リチウムイオン充電池仕様のライトになります。
ライト本体の他に充電池と専用充電器が付属しており、それが購入のきっかけになりました。
深めのリフレクターでXM-Lの割に遠くまで光が飛びます。
テール部のリングを回すと4段階に光量を調節できるようになっており、
またコンバーターが6Vまで対応しているのでCR123A2本でも点灯させることが出来ます。

SANY0617.jpg


    
    購入当初は面白がって使っていたのですが、
    本体が大きい(6Pより4㎝程長い)のでいつの間にか押入れへ…
    光色はニュートラルホワイトで屋外では使いやすいんですがねぇ。
    表面のハードアノダイジングは比較的綺麗で不満はありません。



SANY0618.jpg



    テールスイッチの網目状模様の部分を回すと光量調節ができます。
    スイッチの押し心地は硬めでしっかりしており、
    中華製ライトに有りがちなヘナヘナ感はありません。
    しかしテールスイッチを外そうとして回すとジャリジャリといやな音が^^;


  1. 2013/01/22(火) 20:20:31|
  2. Wolf-Eyes
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年のシュアファイア

米国で行われたshot show 2013にてシュアファイア社の新製品が公開されたようです。

全てが発売されるわけではないでしょうが、なるべく多く商品化してほしいですね。

最近もE1Bのアップグレード版、EB1が発売されましたが、

個人的にコンバーターの特性が気に入らず購入には至りませんでした。


shot showで公開されたうち、気になった製品がいくつかありまして、

・LX2 lumamax ultraのクリックタイプ

・新型ヘッドのE1L

・新型ヘッドのE2L

この辺りは発売されれば是非購入したいですね。



(シュアのリチャージャブルラインにはあまり興味が湧きません、そうとう高価でしょうし…)
  1. 2013/01/21(月) 22:47:23|
  2. SUREFIRE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6P

サムネをちょっと大きくしてみた。


今日はSUREFIREの原点(?)、6Pです。
どうやら発売した当時は懐中電灯の常識を覆すほどの明るさ&コンパクトさで話題になったそうで。
その6PもLED最盛期の現在では、ただの暗く高燃費のライトに成り下がってしまいました… とか言うとその方面の人達に怒られそうですね^^;
個人的にはLEDでは味わえない電球の暖かで透き通る光は大好きなのですが、1本400円近くする電池を2本も使い
それを3、40分で使い切られてはたまりません。(お財布的な意味で)
幸いこの6Pはヘッドを含め全てを分解する事が出来、電球モジュールを最新のLEDモジュールに換装する事も出来ます。
自分はYSカスタムというサードメーカーのLEDモジュールを入れて使っています。種類はXM-Lの電球色(WW)350mA。
デフォルトのモジュールとほぼ同等の光量で10倍以上の点灯時間になります。流石LED。
明るさと点灯時間のバランスが良く、擬似電球色なのであまり違和感なく使えます。


SANY0612.jpg


   
   発光モジュール以外にテールスイッチをクリックタイプに変更し
   ランヤードリング、ランヤードを取り付けています。
   リングは緩めに作られており固定されないのでクルクル回ってしまいます。
   自分は適当なOリングを噛ませて動かないようにしています。



SANY0613.jpg



   全て分解したところ。
   SUREFIREの現ラインナップでLEDモジュールを簡単に交換できるのは
   この6PとプラスチックモデルのG2だけでしょうか。
   売り切りのモデルに置き換わっている中、できれば6Pは残ってほしいものです。



SANY0614.jpg



   左が元から入っている電球、右が換装したLEDのモジュール。
   規格さえ合えば色々と換装できるのでカスタムし甲斐がありますね。
   しかしこのLEDモジュール、6P本体よりも高価なのです…




  1. 2013/01/20(日) 19:15:27|
  2. SUREFIRE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

P2X-FURY

写真をアップしはじめたわけですが、撮影技術皆無な上、数年前のチャチなコンデジなのでどうにもなりませんね…


さて今回はSUREFIRE社のP2X-FURYの登場です。
明るさの指標であるルーメン値は前回紹介した6PXの2.5倍。LED部分もやや大きめのXM-Lを搭載しています。
光を遠くまで飛ばすのは苦手ですが、スポット部分が6PXと比べ大きめで周囲を広くドバッと照らします。
真っ暗闇のだだっ広い田んぼを照らすと、闇をなぎ払う快感が味わえますよ。

ただLEDとはいえ大光量なので強点灯だと1時間程度しか持ちません。
ここぞという時だけ使おうと思います( ̄ー ̄;)


SANY0604.jpg

  
   表面処理は6PXと同じなのかな。
   形状もヘッド部以外は6PXと共通のようです。

   明るいし照射範囲も大きめで使いやすい配光なんですが、
   逆に明るすぎて普段使いするにはちょっと辛いかも。
  



SANY0608.jpg


   左がP2Xで右が6PX。
   大きさはほぼ同程度。

   眺めてるだけでもニヤけてしまいますね(変態


  1. 2013/01/19(土) 22:04:51|
  2. SUREFIRE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6PX-PRO

今回は自分が初めて手にしたSUREFIREのライトについて書きたいと思います。
スペックやら機能やらは検索サイトで調べればすぐに出てくるので省略。

初シュアということでかなり思い切って購入した記憶があります。なにせ懐中電灯に諭吉さん使うわけですから。ドキドキしながら開封し、その加工クオリティと明るさに驚き、無駄に夜外出しては暗闇を照らしてはしゃいでいました。(ぉぃ 昔のシュア機種と比べるとのぺっとしたデザインで、その界隈の方々にはボロクソ言われていますが、それほど悪いライトではないように感じます。LED部分が小さいのでスポットは小さめ。個人的にスポットは大きい方が好みなので、今では出番はほぼ無くなってしまいました。

SANY0603.jpg
 国内ショップでの価格は10,000~15,000円程度。
 シュアファイア社のラインナップでは安価な部類ですが、
 やはり一般の懐中電灯という概念からすると高価です。
 正規代理店経由のショップで購入すれば一生涯保障付き。
 
 いかにも硬そうな表面処理の具合や
 テールキャップを回したとき感じるねじ切りの高精度さ等
 たまりませんね~*^-^*



  1. 2013/01/17(木) 21:25:37|
  2. SUREFIRE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ライト初心者

Author:ライト初心者
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
SUREFIRE (24)
Elzetta (10)
YSCustom (11)
HDS (1)
MAGLITE (2)
Wolf-Eyes (2)
olight (4)
solarforce (5)
sunwayman (3)
zebra light (5)
Tajima (7)
その他のライト (12)
小物 (10)
雑記 (13)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。