趣味(フラッシュライト)のブログ

誰得な個人的趣味(フラッシュライト)のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

A113

待ちに待ったAlphaが届いた!

今回もプロライトジャパン様のお世話になりました。ありがとうございますm(_ _)m

IMG_20140725_195801.jpg

パッケージはいつも通り。相変わらずボディに黄色い汚れ(台紙削れによる)が付着。



IMG_20140725_200007.jpg

綺麗に掃除して撮影。手に取ればすぐに分かる作りの良さ。流石Elzetta。

ヘッド部分はボディと一体成形になっておりベゼル部分とスイッチ部分のみ外すことができる。



IMG_20140725_200336.jpg

写真だと見辛いが(申し訳ない・・・)Alphaのスイッチには「Elzetta Alpha」「Hi/Lo」の文字が印刷されている。

今までのスイッチには何も印刷されてなかったので新鮮。



IMG_20140725_200415.jpg

IMG_20140725_200624.jpg

ベゼルを外し、次にレンズを外すとLED部分が現れる。XP-G2だろうか。




MAX315ルーメン、Loモードで7ルーメン。

Hiモードでは45分程度初期照度の70%を維持、その後は照度を落とし50分強で10%まで降下する。

光色はB333等のAVSヘッドよりも若干色温度は高めだが綺麗なニュートラルホワイト。

コリメーターレンズを採用しているが集光性はそれほど高くはなく近・中距離に適した配光。

同じ1セルのE1Bと比較するとE1Bの方が中心照度が明らかに高く光の飛びは良い。

弱く緩いスポットがある拡散光・・・といえば分かるだろうか。

個人的に日常使用ではシュアのコリよりも使いやすいと思う。(OPリフの方が良い気がするが)


あと個体差があるのか自分のA113は周辺光が四角い形をしている。

天井照射を楽しむ方々でなければ気にならない程度だ。




今回の注文ではランヤードリングも一緒に購入し、首から提げるために長めのパラコードを取り付けている。

流石にB333では重くて提げる気にはならないがA113であれば充分に軽くコンパクトなので問題無い。

ショップを覗いているとストライクベゼル仕様も格好良いので来月まで在庫があれば追加購入を検討中。

今回の入荷数は少なめらしいので欲しい人は是非早めの注文を!
スポンサーサイト
  1. 2014/07/25(金) 21:03:13|
  2. Elzetta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Alpha

Elzettaのメーカーサイト(http://www.elzetta.com/)にて1セル新作ライト、「Alpha」が発売されました!!


jcl_4590.jpg


ボディ径やスイッチは同規格で、ボディの長さ・ヘッド部分が新規で作られている模様。

明るさは315ルーメン、多数のスイッチ・ヘッドの組み合わせによる豊富なバリエーションも健在。

国内で発売され次第購入予定なので、入手したらレビューを書こうと思います。
  1. 2014/06/29(日) 21:31:32|
  2. Elzetta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

限定版

メーカーサイト(http://www.elzetta.com/)にて限定版が発売されている。

カラーリングが通常のブラックではなく、渋いグレーカラーとなっている。
jcl_9885_1.jpg
ブラックよりも硬そうな雰囲気が素敵。

国内で発売されるかどうかは不明だが、B133は使用頻度が高いのでこういう限定版は気になるね。
  1. 2014/05/07(水) 15:52:21|
  2. Elzetta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

組み替え

以前にも紹介したC113とB333のこの2本。

SANY0791.jpg


現在のところボディの規格は同じなのでヘッドやスイッチを組み替えることが出来る。

なので分解して互いのヘッドを交換すると・・・

SANY0792.jpg


2セルで630ルーメンのB333が3セルで900ルーメンのC133に早変わり!

SANY0793.jpg


ヘッドとボディのバランスはC133の方が釣り合っているように見える。

しかし光量的には630ルーメンで充分だし、照度維持の仕方が好みな事もあってB333に戻して使うけれども。





そういえばシュアファイアは生涯保障で有名だが、Elzettaは保障はあるのかな?

まぁ保障が無くとも「 壊れなければどうということはない! 」ってな頑丈さ(?)なので問題無いか。
  1. 2014/03/17(月) 21:34:59|
  2. Elzetta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

B113の詳細

B113を少し詳しくレビューしてみたいと思う。C113はランタイムのみの違いなので割愛。


まずはパッケージを撮影。うーん、安っぽい感じが否めない…

SANY0769.jpg

開封して本体を取り出すとボディに謎の黄色い汚れが付着していた。

おそらく輸送中に台紙の黄色い印刷部分が擦れてカスが付着したものと思われる。

こういったブリスターパックタイプの商品だと日本では大抵台紙がラミネート加工されているか、透明なフィルムが貼ってあるものだが…

こういう細かいところを気にしない辺り、アメリカンな風を感じる^^;(嫌いじゃないけども)

汚れは手でこすれば簡単に取れるので問題無し。



表面加工のクオリティは流石といったところ。剥げや欠けもなく素晴らしい仕上がりだ。

最高235ルーメン、ランタイムは約1.5時間初期照度を保つ。ローモードでは15~20ルーメン程度の明るさになる。

配光はB333よりもさらにスポットが強めの集光タイプ。周辺光はほとんど無く非常に延びの良いスポット光を放つ。

しかしレンズの構造の関係かスポットの周りには幾つかのリングが見て取れた。

SANY0770.jpg



風防は小さく如何にもレンズ守ってます的な面構え。

SANY0771.jpg


B333のレンズと比較してもかなり小さい事が分かる。まぁドスポット光なので大きい必要は無いのだが。

SANY0772.jpg


ヘッドを分解したところ。

写真では分かり辛いが、ヘッドパーツには風防が無い。モジュールのレンズが風防を兼ねている為だ。

ヘッドとモジュールの間にOリングを噛ませることで防水性を確保している。

SANY0773.jpg


こちらがライトの心臓部、M60マルコフモジュール。

このモジュール自体もある程度の対衝撃性を備えているとの事。光色は純白と言っても差し支えないほど綺麗な白色光だ。

SANY0775.jpg


モジュールの裏側。隙間は樹脂で固めてあり、万一ボディ内に浸水してもモジュールには簡単には水が入らない設計。

SANY0774.jpg





以上、簡単なレビューでした。



最後に動画をひとつ。

ライトを点灯し、水中に入れる→水中で分解→水中で組み立て→水中で点灯(!)

もうここまでいくと防水云々のレベルじゃない気が。というかショートしないんだろうか…




  1. 2014/02/18(火) 20:28:30|
  2. Elzetta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

ライト初心者

Author:ライト初心者
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
SUREFIRE (24)
Elzetta (10)
YSCustom (11)
HDS (1)
MAGLITE (2)
Wolf-Eyes (2)
olight (4)
solarforce (5)
sunwayman (3)
zebra light (5)
Tajima (7)
その他のライト (12)
小物 (10)
雑記 (13)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。